AGAの治療方法は?

発毛サイクルを正常化する治療

年齢を重ねると老化していき、老けたように見られたりもするでしょう。頭髪では白髪などが老化現象になりますが、それ以外に抜け毛も老化現象の一つです。高齢で薄毛になるのは仕方がない部分もあるでしょうが、若い人でも薄毛になる人がいます。かつては薄毛は老化現象と片付けられていたときもありますが、最近は薄毛は病気であるとの認識が一般的です。毛髪には発毛サイクルがあり、通常は抜ければ新たな毛が生えてきます。しかし病気の状態だと伸び切る前に抜けてしまいます。この時に発毛サイクルを正常化する薬を利用すれば、伸び切る前に抜けていた髪の毛を減らせるようになります。医師の診察を受けると、薬を処方してもらって投薬治療が受けられます。

濃い部分から薄い部分に移植をする

やけどなどで皮膚が損傷したとき、そのままだと非常に危険な状態になります。その時に行われる治療として皮膚の移植があります。問題のない部分の皮膚を切り取り、問題のある部分に移植すればその後患部の治療が進みます。この皮膚の移植をする治療方法がAGAの患者に対しても行われるようになりました。AGAになると髪の毛が薄い部分ができてきます。一方で濃い部分もあり、濃い部分の髪の毛を多少取ったとしても薄くなりません。そこで濃い部分から薄い部分に移植をしAGAを解消する治療法を受けます。AGAは男性ホルモンの影響とされていますが、移植をする毛根は男性ホルモンの影響をあまり受けません。定着をすれば男性ホルモンに関係なくどんどん伸びてくれます。

© Copyright Causes Of Thinning. All Rights Reserved.