なぜ男性ホルモンが影響するのか?

男性ホルモンが髪の毛の成長サイクルを乱す

女性の方にも薄毛の方はいますが、どちらかというと男性のほうが薄毛になりやすいと言われています。その大きな原因が男性ホルモンで、男性ホルモンが髪の毛の成長サイクルを乱すため薄毛になってしまうのです。また、男性ホルモンの分泌量などは、環境やストレスで変化することもありますので、薄毛になりたくない方はまずはストレスを溜め込まないようにすることが大切です。ストレスは薄毛だけではなく、他の病気を引き起こしたりと万病のもとです。ちなみに、男性ホルモンが原因の場合、市販の育毛剤や発毛剤を使っても効果が出にくい場合もあります。薄毛を改善したい場合は、まずはその原因を突き止め、原因に見合った方法で薄毛を改善していくことが大切です。

男性ホルモンによる薄毛でAGAに

男性型脱毛症がAGAで、その原因の中にも男性ホルモンが関係しています。またAGAになってしまったら、放っておくと症状が更に悪くなって、最悪の場合丸坊主になってしまうこともありますので、薄毛で悩んでいる人はAGAの治療を行っている医療機関へ行くのがおすすめです。AGAは専門のAGAクリニックというものがあり、そこへ行けばAGA治療薬で薄毛治療をしていくことができます。食事療法などで、薄毛を克服していく方法もありますが、男性ホルモンが原因の場合薬に頼らないと改善しないこともありますので、AGAのことは医療機関で見てもらうようにしましょう。AGA専門のクリニックなら、薄毛になりにくくするための食生活などの指導をしてもらえる場合もあります。

© Copyright Causes Of Thinning. All Rights Reserved.