AGAが発症する原因とは?

男性ホルモンが大きく関わっているケースが多い

AGAを発症する原因は人によって違いがありますが、男性ホルモンが大きく関わっているケースが多く、主に中高年の男性に症状が強く出やすいという特徴があります。また、男性ホルモンの分泌量だけでなく、加齢やストレス、遺伝などの影響も指摘されています。そうした中、自分自身のAGAの原因を特定するために、専門のクリニックで適切な診断を受けることがとても大切です。最近では、血液や遺伝子、ホルモンバランスなどの検査を行って、AGAの原因に合った治療を行っているクリニックも増えており、時間を掛けて治療実績の良いクリニックを探すことがおすすめです。なお、検査を行ってもAGAの原因が特定できないケースも少なくなく、美容皮膚科などの経験を持つ医師とその都度対処法を考えることが大事です。

AGAの原因に応じて治療法を決めよう

AGAの原因には個人差があるため、満足のいく治療を受けるうえで、一人ひとりの患者に対してオーダーメイドの治療を行っているクリニックを選ぶことがおすすめです。特に、AGAの進行に男性ホルモンが大きく影響しているケースについては、ホルモンの分泌量を抑制する効果が期待できる内服薬や外用薬などを使った治療を受けられるクリニックを探してみましょう。また、AGAの治療効果は、原因や症状の進行度などによって大きな差があるため、カウンセリングの際に治療後の経過についてシミュレーションをお願いすると良いでしょう。その他、高い治療効果を期待するために、多種多様な治療の実績があるクリニックを通院先の候補に選ぶことがポイントです。

© Copyright Causes Of Thinning. All Rights Reserved.